注文住宅のガレージを徹底比較!【2017年決定版-ランキングサイト-】

top > 注文住宅のガレージについて > 注文住宅でビルトインガレージにするメリット

注文住宅でビルトインガレージにするメリット

注文住宅を建てる時にビルトインガレージにするメリットとしては、次のような点が挙げられます。
まずは大切な車を風雨によるダメージから守ることができることです。
駐車スペースを壁面で完全に覆うことができるので、風雨による劣化対策を十分に行うことができます。
加えて、外部にさらすことが無いので、車体へのいたずらなどのトラブルにも巻き込まれることがありません。
また、居住スペースと直結した設計にすれば、天候の影響を受けることなく人の移動ができるので、生活上の快適さも向上します。
更に駐車スペース以外の空間を取ることによって、収納や趣味のためのスペースとしても活用することができます。
その他にも雨の日には車を一時的に外に出しておくことによって、安全を確保した体育館代わりの遊び場にすることもできるでしょう。
注文住宅でビルトインガレージを採用するとこれらのメリットを期待することができます。



注文住宅でビルトインガレージを採用する時の注意点

注文住宅でビルトインガレージを設計の中に採用しようとする際には、次のようなマイナス面があることも理解しておくことが大切です。
例えば1階部分のスペースを居住空間としてほとんど活用できないことです。
リビングや浴室、キッチンなどの一般的に1階に配置する傾向のある場所を2階以上に挙げなければいけません。
また、ガレージの開口部を広く取る必要があるので、家全体のゆがみを最小限にしなければいけません。
そのため、木造建築の建物の場合は、家のゆがみの排除ができずに建物の重みに耐えられないケースもあります。
更に車の臭いや排気、工具を置く場合はそこから発せられる臭いへの対策を十分にしておかなければいけません。
換気扇の増設や照明設備、電源設備などの確保のために余計なコストがかかってしまうことも考えられます。
これらのデメリットも十分把握した上で採用を検討することが大切です。



注文住宅にガレージをつけるメリットとデメリット

注文住宅を建てるのであれば、ガレージをつけてみるのも良いかもしれません。
ガレージをつけることのメリットとして考えられることとは、まずは車を雨や風、雪などからしのぐことができ、さらに盗難などからも守ることができます。
また、持っている敷地を有効に活用することができますし、車を楽しみながら眺めることができるような家をつくれるということが言えます。
車が好きなのであれば、つけてみると良いかもしれません。
もちろん、反対にガレージをつけることのデメリットもあります。
それは、かなりお金がかかるということが言えます。
さらに、構造上のいろいろな制約が出やすいですし、持っている土地が広くないと1階に広い部屋を作るのが難しくなります。
メリットとデメリットをきちんと踏まえたうえで、つけるかどうかということを決めましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP