注文住宅のガレージを徹底比較!【2017年決定版-ランキングサイト-】

top > 注文住宅のガレージについて > 注文住宅の建設と隣接するガレージに関して

注文住宅の建設と隣接するガレージに関して

マイホームを建てることは男の夢ですが、理想のマイホームは注文住宅に限るのではないでしょうか。
子ども部屋はもちろんですが、夫婦が各々の趣味を楽しむ部屋もあらかじめ設計しておくと便利です。
そして、更に重要なのがガレージの建設ではないでしょうか。
マイカーがあると生活スタイルに多様性が出ますし、二台分の停車が可能なガレージがあるとベストです。
車を停めるだけでなく、スペアタイヤやスノーボードを収納するのにも役立ちます。
高額な印象もありますが、最も安いものであれば十万円を切る金額で建設することが出来ます。
強度の心配も要りませんし、雨やホコリ対策もバッチリではないでしょうか。
車の劣化を最小限に抑えるためにも、ガレージを所有しておくことが大切です。
ホームセンターで注文を受け付けてくれるので、まずはパンフレットで検討してみてはどうでしょうか。



注文住宅でガレージ付きにするのが人気です

注文住宅は、全てを自分の好みで決められるというメリットがあります。
そんな注文住宅の世界で、近年人気を集めているのがガレージ付きのプランです。
車が欠かせない生活をしている人にとって、「自宅を建てる」ということは「新しく駐車スペースについて考える」ということでもあります。
家の設計段階からきちんと考慮しておくことで、「スペースが足りず、駐車できない」なんて失敗も防げるはずです。
駐車スペースは、家が建ったあとに外構工事で対応するケースも多いですが、この場合は家のデザインとの一体感が問題になってしまいます。
せっかくの注文住宅で、外観にもこだわったのに、カーポートがその邪魔をしてしまうのは、あまりにも残念なことです。
最初からインナーガレージを作っておけば、一体感のあるデザインに仕上がることでしょう。
外構工事にかかる費用も抑えられます。



注文住宅のガレージ設計は、サイズチェックが重要

自宅を注文住宅を建てる人にとって、出来上がる家は、自身の夢を形にしたものと言えます。
「家は三回建てないと満足できない」という言葉もありますが、できれば事前にしっかりと対策を行い、後悔しない家づくりをしたいところです。
最近はインナーガレージを求める方も増えていますが、家とガレージを一体化させる分、事前にチェックしておかなければならないポイントも多くあります。
その一つが、サイズについてです。
余裕を持って駐車をするためには、駐車スペースのサイズをしっかりと確かめておく必要があります。
数字だけでは実感することが難しいはずですから、同じサイズのスペースを用意して、実際に自分の車で駐車をしてみると良いでしょう。
また、将来車が増えたときのことも考えておくと安心です。
インナーガレージを作る場合は、床面積と税金との関係性も複雑になります。
専門家にアドバイスを求めると良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP